プロの占い師になるために考えたい事

占い師| 占いと心理が学べるスクールセラス占い師になる方法

皆さん、こんにちは

占いと心理のスクール、セラスの講師であり、占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師のミスカトニックです。

さて、今回のテーマは、ずばり「占い師になるには?」です。

占い師 | 占いと心理が学べるスクールセラス

どのようにしたら占い師になれるのか、占い師として活躍できるのかについて解説します。

【占い師になるための3つの条件】

占い師として活躍するためには、以下の3つの条件を満たすと、かなり有利になります。

【条件1:複数の占術を持っている事】

占い師として活動するためには、当然占いの技術が必要です。

そして、占いとは未来を予想するものだけではなく、クライエントの置かれている状況についての情報収集と言う意味もあります。

その情報収集という観点から言うと、多面的にクライエントを捉える事で、その情報の精度は高まります。

そのため、情報収集と言う観点でも、クライエントの願いを叶えるという観点でも、複数の占術を持っていた方が良いでしょう。

【条件2:活動の場を検討する】

占い師として活動するためには、活動の場も必要になってきます。

遠い昔は占い師といえば路上でお客様を待つような状況だったのですが、今は便利な世の中になったのと同時に、占いに対する多くの方々の認識も変わったため、対面やオンラインでの活動など、様々な活動の場があります。

そうした活動の場の中で、どれが一番自分に合っているかを考える事が大切になってきています。

特に最近ではオンラインでの鑑定が脚光を浴びています。

これは、コロナ禍の影響もあるのですが、オンラインの技術が発達したため、クライエントも自宅に居ながら鑑定を受ける事が出来るという気軽さが要因としてあります。

また、占い師も自宅に居ながら活動が出来るという意味で、クライエントとのメリットが一致しているという事情もあります。

占い師として活動するのであれば、オンラインは検討に値するでしょう。

【条件3:自分のブランドを構築する】

ブランドとは、占い師としての自分自身のスタイル、他者との違い、占い師としての活動理念などの総称です。

個人で活動するにしても、占い会社に入るにしても、ブランドの構築は避けて通れません。

なぜなら、クライエントから選ばれるためには、魅力ある鑑定を提供できるという信頼感が必要になるからです。

例えば、皆さんの消費活動もブランドに支えられています。

皆さんが何か物を買うとき、無意識のうちに「この会社ならば大丈夫だろう」「この会社が提供するサービスなら、選んでも間違いはないであろう」という判断をしています。

その判断材料は、そのまま消費者との信頼感に繋がっていきます。

その信頼感を構築するのがブランドの構築なのです。

占い師に資格は必要か?

占い師として活動するためには、資格などは必要ありません。

資格がなくても、独学で勉強して占い師を名乗れば、そのまま占い師として活動できるようになります。

しかし、占いのスクールに通うなりの方法で占いを習得する事には意義があります。

というのは、占いの学校などに通う事によって、独学での習得では難しい占いのノウハウが学べるからです。

言うまでもありませんが、占い師としての価値と言うものは、提供する鑑定やセッションによって決まります。

その鑑定やセッションの実力を高めるためには、それ相応のノウハウが必要です。

そのノウハウの習得を考えるのであるならば、実際に占いの現場で活動している占い師から習得するのが一番です。

そうした意味で、プロとして活動するためには、占いの学校やスクールは検討に値すると言えるでしょう。

占い師になるために超えるべき大きなハードル

占い師として活動するために超えるべき一番の大きなハードルは、占い師として活動する事に対する躊躇です。

「いつか占い師になろう」

「もう少し勉強したら占い師として活動しよう」

このようにして、占い師として活動する事を躊躇する方は珍しくありません。

確かに、躊躇するお気持ちはわかります。

占い師として、どのくらいの実力がついているのかという自信も必要になってくるでしょう。

また、鑑定やセッションを提供する上で、どの程度のレベルが要求されているか分からないという事もあろうかと思います。

しかし、そうして躊躇する事でチャンスはどんどんと失われていきます。

プロとして必要な実力は、実際の鑑定やセッションを通して身に付いていきます。

ですので、「えいやっ!」と一線を越える事がとても大切です。

しかし、やみくもにプロになろうとする事をお勧めしたいわけではありません。

というのは、その躊躇を消化しないと、迷いの多い占い師になってしまう可能性が高いからです。

もしも、プロになる事に躊躇があるのであれば、その躊躇と向き合ってください。

何が怖いのか?

何を恐れているのか?

何が抵抗を生んでいるのか?

その点をよく考えるようにしてみましょう。

また、周りにすでにプロとして活動している人がいるのであれば、そうした人に相談する事をお勧めします。

そうした心理的な問題をクリアにして、ぜひプロとして活躍できる占い師になって下さいね。

~・~・~・~・~・~・~・~

ミスカトニックの経歴についてはこちらをご覧ください

プロ占い師養成講座についてはこちらをご覧ください

タロット占い完全習得講座はこちらをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました