タロットの象徴に強くなるべき理由

| 占いと心理が学べるスクールセラス未分類

皆さん、こんにちは

占いと心理のスクール、セラスの講師であり、占いカウンセラー、スピリチュアルカウンセラー養成講師のミスカトニックです。

さて、今日のテーマは、タロット占いをする上で重要なポイントをお伝えいたします!

カードの象徴を読む

タロットカードは西洋文明の中で生まれたものです。

よって、西洋文明の思想が色濃く出ています。

西洋文明はキリスト教と密接な関係にあります。

キリスト教抜きに西洋文明は語れません。

そのため、タロットカードの象徴を読む場合は、ある程度キリスト教の知識があった方が有利です。

つまり、タロットカードの象徴には、キリスト教の思想が色濃く出ているからです。

しかし、ライダー版を考案したアーサー・エドワード・ウェイトはオカルティストでした。

そのため、キリスト教だけでは括れないという特色もあります。

例えば、ワールドのカード

ワールド | 占いと心理が学べるスクールセラス

そこには、女性と月桂冠、4つの生き物が描かれています。

カード全体でみると、これは運命の完成であり勝利を表しています。

ここで注目するべきは、四隅に描かれている生き物です。

この四隅の生き物は、聖書の四大福音書(マタイ・マルコ・ルカ・ヨハネの福音書)を表しています。

そして、女性を囲む丸い植物は月桂冠を表しており、これは勝利を意味します。

これだけ読むと、「キリストによる世界の完成」を表しているように見えます。

キリスト教では終末思想、つまりいつかやがてキリストが再降臨し、やがてこの世界は滅び、キリスト(神)による世界が完成するという思想があります。

つまり、キリストによる神の国がこの世に実現するというものです。

それを物語っているのは、有名な「ヨハネの黙示録」です。

ここで、ヨハネの黙示録から、その4つの生き物がどのように描写されているのか、少し長いですが引用いたします

「この玉座の中央とその周りには4つの生き物がいたが、前にも後ろにも一面の目があった。第一の生き物は獅子のようであり、第二の生き物は若い雄牛のようで、第三の生き物は人間のような顔を持ち、第四の生き物は空を飛ぶ鷲のようであった。この4つの生き物にはそれぞれ6つの翼があり、その周りにも内側にも、一面に目があった。彼らは、昼も夜も絶え間なく言い続けた。
『聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、
全能者である神、主、
かつておられ、いまおられ、やがて来られる方』」
(日本聖書協会 新共同訳 ヨハネの黙示録4章6節~8節より引用)

これだけ見ると、まさに終末に訪れる神の世界を表しているように見えるでしょう。

しかし、重要なのは中央にいる女性です。

もしも、クリスチャンがタロットカードを考案したなら、中央に来る人物はキリストになっていたでしょう(キリスト教では占いは禁忌ですので、ありえない話ですが)。

しかし、先述しましたように、ウェイト氏はオカルティストです。

キリスト教の思想と異なる、黄金の夜明け団に代表されるオカルト思想の持ち主です。

そのため、キリスト教の思想がそのままカードに反映される事はありません。

また、ウェイト版タロットカードが出来たのは1909年。

1900年代は非常に政情が不安定で、鉄道が普及し始め、初めの飛行機が空を飛び、共産主義が勢いを増すという、まさに激動の時代でした。

その中では運命と言うのは非常に不安定で、良い方にも悪い方にもどちらにも転がっていく、そのような世界観がありました。

そのため、ワールドのカードの中央には運命の女神が描かれたのです。

ここまで理解できると、ワールドのカードの意味も見えてきます。

それは、運命の女神による世界の完成であり、終末の次にくる新たな世界の完成です。

そこには、新しい世界の登場という意味も見えてきます。

こう読むと、単なる「物事の完成」の一言では語れないストーリーが見えてきます。

このように聖書を理解すると、リーディングの内容がグッと深まります。

より深いリーディングのコツ

これは批判ではないのですが、一般に読まれているタロットカードの解説は断片的です。

象徴を詳しく解説してある書籍はあまりありません。

また、書籍によって解釈も様々です。

タロットカードの解釈は自由であるべきです。

100人いたら100通りの解釈があってもいいでしょう。

しかし、タロットカードの意味を正確にとらえるのであれば、カードの象徴に強くなる事をお勧めします。

そもそも、ライダー版に限定して言うのであれば、そこにはウェイト氏の思想が色濃く表れています。

それが各象徴に強く表れているのです。

そのため、カードの象徴に詳しくなる事によって、カードに対するリーディングもさらに深くなっていきます。

タロットカードのリーディングは、象徴抜きでは語れないのです。

ぜひ、象徴に詳しくなって、より深いリーディングを目指してくださいね!

~・~・~・~・~・~・~・~

ミスカトニックの経歴はこちらをご覧ください
↓  ↓  ↓
ミスカトニックのプロフィール

ミスカトニックの講座は以下の通りです。


【プロ占い師養成講座】

【タロット占い完全習得講座】

【心理カウンセラー養成講座】





コメント

タイトルとURLをコピーしました