嫌いな色にも意味がある!?

カラーセラピストの鑑定のために| 占いと心理が学べるスクールセラスカラーセラピー
数秘術| 占いと心理が学べるスクールセラス

こんばんは。

カラーセラピスト講座数秘術講座 講師の颯羽(そわ)です。

また、嫌いな色、苦手な色はありますか?

あなたには好きな色はありますか?

カラーセラピーでは「好きな色」と同じくらいいな色、苦手な色」にも意味があります

好きな色のお話はよく出てきますし、カラーセラピーでもお話する機会が多いと思います。

ちょっと不思議に思うかもしれませんが。

「嫌い」という気持ちは好きな色と同じくらい【意識している】ということになるんです。

その苦手、嫌いはイコール見たくない自分、隠したい自分の気持ちが入っていることになってしまいます。

例えば、私は以前ピンク色が苦手、嫌いな色でした。

私自身が男兄弟の中で育ったこともあるかも知れませんが、ピンク色を目にすることは殆どありませんでした。

そのためか、自分にとって「ピンク」は必要のない色と思い、遠ざけて生きてきました。

(今はピンク大好きになっていて、色々小物もピンクのものが多いですが・・・)

そして、カラーセラピーを学んだ時に感じたことは

ピンクを遠ざける=

・女らしさを出してはいけない

・甘えてはいけない

・「かわいい」と思ってはいけない

ということだったんです。

何故か、自分に制限をかけていたようでした。

それが分かってからは、ピンクを意識的に持つようにすると、上記の状況は改善していきました。

このように、苦手なことそのものを直接聞くよりも、色を通して話をすると「見たくない自分」が

柔らかく伝わるように感じます。

セラピストさんはクライアント様に色を通すことで

「なぜ」その色が嫌いだと感じるのか?苦手だと感じるのか?

を感じていただければと思います。

ぜひ、カラーセラピストさんはクライアント様の「好きな色」だけでなく

「嫌いな色」「苦手と感じる色」にも目を向けていただき、

よりよいセッションに役立てていただきたいです。

颯羽(そわ)でした!

カラーセラピスト講座

数秘術講座

を担当しています。ご興味のある方はぜひご覧くださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました