相性鑑定【カラー】③

カラーセラピスト| 占いと心理が学べるスクールセラスカラーセラピー

こんばんは。

カラーセラピスト講座数秘術講座 講師の颯羽(そわ)です。

| 占いと心理が学べるスクールセラス

色は本当に色々なことを教えてくれます。

色を選ぶだけなのに、思ってもみなかったことが明るみになったりすることもあります。

無意識で色を選んでもらうことで

あなたの心の中が見えるようになってきます。

例えば

1人でいることが好きな人、仲間といることが好きな人

といったこともあなたとお相手の色を選ぶことでその違いといったことが分かってきます。

カラーでの相性鑑定では、選ばれた色のギャップを見るようにしていきます。

例えば

赤は一般的に暖色、能動的な色として見られていますよね

青は一般的に寒色、受動的な色(これはカラーセラピストの常識??)となっています。

先の例に当てはめるなら、仲間とワイワイしてそうなイメージなのが赤色だといえそうですし、1人でいるのが好きそうなのは青色だといえそうですよね。

この二つの色には大きな隔たりがあるように見えてしまいますよね。

けれど、この二色を選んだ相性鑑定なら、そのままにしていても分かり合えてハッピーということは

なさそうです・・・

そのため、カラーでの相性鑑定ではクライアント様に対してお相手様の考えていることや現状にあるギャップを埋めていくことが重要と考えます。

また、クライアント様にお相手の考えを理解してもらうことで、上手くいくように考えていきます。

そう考えると、赤色さんがクライアント様とすれば、青色さんであるお相手は比べるとテンションが高いわけではないだろうから同じを求められても困ってしまいそうですよね。

また、青色さんであるお相手は「一人の時間」も大切にしてるように感じられます。

なので、赤色さんは適度に青色さんを一人にしてあげる時間を作ってあげる必要がありそうです。

例えばデートでショッピングに行った時は

お互いに違う売り場にいる時間を作るなどをすることで、青色さんはとても生き生きとすることが出来そうです。

そんな風にクライアント様とお相手様とのギャップを埋めるためにカラーでの相性鑑定をすることは有効になってきます。

このように誰でも身近にあるカラーを使ってあなた自身が相性鑑定をする立場になってみませんか?

颯羽(そわ)でした!

颯羽(そわ)の担当講座は

カラーセラピスト講座

数秘術講座

です!気になる方はぜひ、ご覧くださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました