ルノルマンカード考察例★十字架

神々しくてすいません| 占いと心理が学べるスクールセラスルノルマンカード

神々しくて恐縮です。

幸せの青い占い師、条願です。

時| 占いと心理が学べるスクールセラス

キリスト教では、十字架が教会の上に建っていますよね。

それだけ、十字架を大事にしている事は、キリストの教えに繋がるからなんですね。

キリスト教では、先ず三位一体と言って、父なる神、子なる神、精霊なる神、が居ます。それが三位一体です。

父なる神は天にいらっしゃるお父様と言われており、子なる神がキリストです。

精霊なる神は、自分の霊、魂の中に存在します。

魂の中に存在する霊が全ての神と繋がっており、三位一体と言われています。

十字架と言えば、キリストが背中に背負い、処刑された所が、背中に負った十字架です。

キリストは、全ての人類の罪を背中に負い、そして処刑され、昇天し、また地上へ戻ってきました。

キリスト教の話はここまでとしておいて

先ず、十字架についてですが、クロスしていますね。

これは、縦の繋がりと横の繋がりを意味しています。

先ず、縦の繋がりは、自分が神との関係。
横の繋がりは、周囲の人との関係です。

自分がしっかりと立っていないと、横の繋がりはしっかりと出来ません。

一本の棒を建て、横にもう一本の棒をくっつけるとしたら、不安定ですよね。

土台の一本の棒が強く太い物だったらどうでしょうか?

横の棒もしっかり付けられますよね。

自分がしっかり強く太い物であるからこそ、横の繋がりも強く太く出来るんです。

なので例えば、恋愛成就や復縁においても

先ず、自分の軸がしっかりとしているからこその、人間同士の繋がりが構築できます。

木もそうですよね。

同じなんですね。

ぜひとも自分らしい心の軸をもって歩いて行きましょう。素敵な横の繋がりが出来ますよ。

セラススクールの条願の講座では、占いの知識だけでなく、
クライアント様の心のケアも含めた、
実際の鑑定においての対処法等も、特に上級講座ではマジハンパなく伝授いたします。

もちろん個人鑑定でも
必ず、良い方向へ進むにはどうしたらよいか?
という視点を重視し、
ハンパなく鑑定いたします。

条願のプロフィールはこちら

幸せの青い占い師 条願

コメント

タイトルとURLをコピーしました