もしも、という仮定を使いこなす

| 占いと心理が学べるスクールセラス鑑定・セッションのコツ

皆さん、こんにちは。

スピリチュアル・カウンセラー、占いカウンセラー養成講師のミスカトニックです。

では、早速本題に入りましょう!

| 占いと心理が学べるスクールセラス

「もしも、●●をしたらどうなりますか?」

 
こうした会話は対人支援の場ではよく

交わされますよね。

 
対人支援の場で、

様々な仮定を立てて検討して、

最適な行動を考える…

 
そうした意味で、対人支援の場は、

シミュレーションの場でもあります

 
ただ、こうしたシミュレーションの場合、

クライエントの行動面にどうしても

フォーカスされがちです

 
確かに、行動のシミュレーションを立てることで、

クライエントの行動はずっと楽になるでしょう

 
また、問題解決のアプローチを

考えるという意味でも、それは効果的です

 
しかし、クライエントを苦しめる悩みの多くは、

クライエント自身が持っている信念体形や思考、

行動パターンにあります

 
そして、そうした信念体形や思考、

行動パターンは多くの場合、

あまり検討材料に含まれません

 
ただ、それらが悩みの大部分を

構成しているか、あるいは悩みの解決に対して

かなり大きな影響を持っています

 
そのため、

「もし~というように考えてみたらどうでしょうか?」

という思考レベルの仮定を検討する、

というのも効果的です。

 
「もし、相手のことをあきらめることが出来たらどうですか?」
「もし、今の考えと違った考えを持つとしたら、どんな考えがいいでしょうか?」

 
こうした思考レベルのシミュレーションも、

ぜひ試してみてください

 
クライエントの思考が、より柔軟になります

 
では、今日も良い鑑定を!

~・~・~・~・~・~・~・~

ミスカトニックの講座は以下の通りです。


【プロ占い師養成講座】

【タロット占い完全習得講座】

【心理カウンセラー養成講座】

コメント

タイトルとURLをコピーしました