解決するべき「問題」を間違えない

| 占いと心理が学べるスクールセラス鑑定・セッションのコツ

皆さん、こんにちは。

スピリチュアル・カウンセラー、占いカウンセラー養成講師のミスカトニックです。

では、早速本題に入りましょう!

実は、問題には2つの種類があります。
 
そして、問題解決が上手くいかないケースの大半は…

 
なにを「問題」とするか

 
という点を間違えているんですね

 
問題は大きく分けて「解決できること」「解決できないこと」があります。

 
解決が出来ない、あるいは困難な問題にフォーカスする限り、クライエントも私たちも問題を解決できません。

 
でも、解決可能な問題をまず片付ける!というアプローチは、結果的に解決不可能と思える問題を、解決が可能なように導いてくれます。

 
だから、クライエントから「問題」を持ち込まれた場合…

 
「解決が容易なのはどれだろう?」

 
という視点から考えてみてください

 
では、今日も良い鑑定を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました