思い出

MIYAの自己紹介とご挨拶です| 占いと心理が学べるスクールセラス未分類

ご縁を頂きありがとうございます。
カラーセラピストのMIYAと申します💐

おじいちゃん、おばあちゃんの思い出ってありますか?

祖父は私が生まれる前にに亡くなってしまいましたのでどんな人だったのか分からぬままです。

ただ、母や従兄弟から話を聞いた感じは
とても倹約家で自分に厳しく他人にも厳しい人だったとのこと。
そんな厳しい祖父も大好きな将棋や囲碁を孫相手にしてる時は優しいおじいちゃんになるそうでした。

おばあちゃんは生まれつき障害があったのですが、そんな事を感じさせないとにかくパワフルな女性でした。

祖父亡き後は、たくさんの習い事や趣味を持ちあちこち活動的に動きまわっていました。

そんなパワフルおばあちゃんと子どもの頃、家庭の事情で一時期ですが同居した際はたくさんの愛情と色々なことを教えてもらいました。

たくさんいる孫の中で、私が一番おばあちゃんと接した時間が長くて

可愛がって貰った孫だと思ってます。

ただ大好きなおばあちゃんに対して
心残りが一つだけあります。

施設に入ってから亡くなるまで数年間は
逢いに行けなかったこと。

親戚間の問題で、独り暮らしの時のように
気軽に逢いに行くことが出来なくなり、お葬式の時でさえ母のみで参加出来ず、最後のお別れも出来ませんでした。

亡くなっても、好きだと言う気持ちは未だに残っています。

亡くなっても、忘れられない人って居ますよね。

それは、その人が生きてきた証。

そして、貴方様と一緒に生きてきた証。

今でも心の中で繋がっている証でもあります。

魂がまだ繋がっているのです。

ですので、亡くなった方が居たとき、心痛み苦しみますが、魂は繋がっています。

魂の繋がりは永遠となり、来世で必ずお会いする事になります。

ですので、亡くなった方が居た時は、悲しみと苦しみが強いですが、楽しかった時の事、そして時には辛かった苦い思い出も思い出してあげてください。

魂の繋がりは永遠です。
天国で必ず、貴方様と一緒に楽しかった時の事、苦かった思い出も一緒になって、魂が共鳴しています。

この先の困難があった時、風となって吹いて来て、貴方様の涙を拭ってくれるでしょう。

悲しみも辛さもありますが、忘れないで居てあげてくださいね。
魂は繋がっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました