色は組み合わせるとさらに深く見えてくるものがある

カラーセラピストの鑑定のために| 占いと心理が学べるスクールセラスカラーセラピー

こんばんは。

カラーセラピスト講座数秘術講座 講師の颯羽(そわ)です。

カラーセラピー | 占いと心理が学べるスクールセラス
カラーセラピー

カラーセラピーは気になる色を一つだけ選んでもらうことでリーディングをすることが出来ます。

                               

けれど、クライアント様に複数の色を選んでもらうことで、その方の潜在意識の深いところまで

見ることが出来ますよ。

                           

例えば、

                        

寒色系が多い場合は

思考の部分が強く出ている状態です。ブルー系は主に喉から上の色のイメージになるので、

頭の中の世界を感じるからなんです。

                                     

そんな方は色々と考えを張り巡らせている状態なのかもしれません。

                                            

その時はクライアント様にじっくりとお気持ちを聞いてみる、ということが必要かもしれませんね。

                                  

暖色系が多い場合は

もうお気持ちは固まっていて動くことを望まれているかもしれません。

赤やオレンジは「火」を連想させたり、強いパワーを感じることが多いからかもしれません。

                                   

そんな時はクライアント様に「具体的にどうしていこうか?」といった行動を起こすことについて

お話でできれば、納得感のある鑑定になるかも知れませんね。

                                   

他にも、明るい色の組み合わせ、落ち着いた色の組み合わせ、強い色の組み合わせ

優しい色の組み合わせ・・・

たくさんの色の組み合わせが存在します。

                                

その色の組み合わせこそが、クライアント様は

何を考えているのか?どんなことに興味があるのか?(悩みに対して)どうしたいと思っているのか?

といったことが分かってきますよ。

                                       

クライアント様が選ぶ色はクライアント様自身の心を表しています

                            

セラピストであるあなたは、クライアント様の心を上手に受け取って、伝えたい!を思っていらっしゃる気持ちを受け取ってくださいね。

                              

颯羽(そわ)でした!

                                      

颯羽(そわ)の担当講座は

カラーセラピスト講座

数秘術講座

です!気になる方はぜひ、ご覧くださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました