タロットカードの解説3:The high priestess

| 占いと心理が学べるスクールセラスタロット占い

こんにちは。

占いと心理のスクール、セラスの講師であり、心理カウンセラー、占い師、スピリチュアル・カウンセラーのミスカトニックです。

さて、早速始めていきましょう!

( ✧Д✧) キラーン

さて、今日解説するカードは、The high priestess(女祭司)。

| 占いと心理が学べるスクールセラス

意外と、このカードを苦手とする方って多いんですよね。

確かに、教皇と重なる部分もあるように解釈できるので、違いをどう考えるか、という点で戸惑う方も多いようです。

でも、象徴を読み解けば、そう難しいものではありません。

まず目に入るのは、女祭司の両隣にある柱ですよね。

これはボアズとギヤンの柱と言って、古代ユダヤのソロモン王が建てた神殿の柱を表しています。

しかし、これは単なる柱ではなく、神の峻厳さと恩寵を表しています。

また、この柱は精神世界への入り口も表しており、そこに神秘性が宿っています。

次に女祭司そのものですが、彼女はエジプト神話のイシスをモチーフにしています。

イシスは夫であるオシリスが殺されたとき、遺体を集めて蘇らせたという逸話が残っています。

このことからも分かるように、イシスは強力な魔力を持っており、魔女の原型ともされています。

また、イシスは献身的な妻や母と言う意味合いもあり、本来的には優しさあふれる存在です。

これらの点を総合すると、The high priestessは強力な魔力が背景にある事が分かります。

そして、彼女が手にしている書物はトーラー。

これはユダヤ教の律法を意味します。

では、その魔力を持った彼女は何をみているのでしょうか?

それは、峻厳さと恩寵を背景に、善悪を見通すチカラ。

そして、必要とあれば自身の魔力を用いる用意がある事を意味しています。

ここまでわかると、The high priestessの解釈も容易になりますよね。

ぜひ、活用してくださいね。

ではでは!

~・~・~・~・~・~・~・~

ミスカトニックの講座は以下の通りです。


【プロ占い師養成講座】

【タロット占い完全習得講座】

【心理カウンセラー養成講座】

コメント

タイトルとURLをコピーしました