ゴールドとシルバー

カラーセラピスト| 占いと心理が学べるスクールセラスカラーセラピー

こんばんは。

カラーセラピスト講座数秘術講座 講師の颯羽(そわ)です。

| 占いと心理が学べるスクールセラス
金と銀

今日はカラーセラピーの中でも光り輝く「ゴールドとシルバー」についてお話します。

 

私はカラーセラピーの講座や色のお話をする時にはテキストをるため、色々な資料をひっくり返しているのですが笑

 

その中に自分の考えとぴったりと合う言葉を見つけました。

 

金は陽 銀は陰

まさに私が考えているイメージそのものなんです。

 

というのもゴールドは人に(自分の才能だとか自分が作った作物だとか)を分け与える色とされています。

 

自分の才能などは自分自身のためだけに使うのではなく、人に対して使っていくことでさらなる発展が出来る、とされているからです。

    

そのため、人つまり「自分以外の誰か」が色の中に登場します。

    

対してシルバーはどちらかといえば「ストイック」という言葉がぴったりな気がします。

 

自分の高みのために、自分の求めるゴールのためにひたすら前を見て走り続けているようなイメージです。

 

そのため、シルバーは「自分」ということはあっても、「自分以外の誰か」という言葉は出てきません。

 

どちらも同じ輝きがある色でも、

 

ゴールドは自分と自分以外の誰かに光が当たっていて

シルバーは自分自身に光が当たっているような

イメージなのです。

 

そのため、「金は陽 銀は陰」と言われるのかも知れませんね。

 

カラーセラピーから見る「光る色」も面白いですね!

   

これを機に好きな色のカラーの意味を調べてみてくださいね!

   

颯羽(そわ)でした!

 

颯羽(そわ)の担当講座は

カラーセラピスト講座

数秘術講座

です!気になる方はぜひ、ご覧くださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました