クライアント様が「欲しい答え」をお渡ししていますか?

カラーセラピスト| 占いと心理が学べるスクールセラス鑑定・セッションのコツ

こんばんは。

カラーセラピスト講座数秘術講座 講師の颯羽(そわ)です。

| 占いと心理が学べるスクールセラス

最近、鑑定練習のお相手になる場面が増えています。

ご自身で工夫して鑑定をされている方ばかりなので、私自身勉強になることも多いのですが。

少し気になることもあります。

模擬鑑定では、実際の通りに鑑定を行って頂いています。

その際、初めて占いにくるお客様を演じているので、基本は聞かれたことのみを答えています。

「このことについて教えてほしい」とお願いするのですが、

聞きたい事とずれていたり、鑑定師さんが気になっている、お伝えしたいことのみを伝えて終わる・・・

もしくは、最初の鑑定依頼の前提条件が抜けてしまっている・・

ということがあります。

例えば、

もうすぐ寒くなるだろうから、明日は「コート」を着た方がいいか「ジャケット」でも大丈夫か教えてほしい

といったような鑑定依頼があったとしても

鑑定師さんは「夏はビキニが似合う季節なので、ビキニを着て海に行きましょう」

と言われても、納得感がありませんよね。

相談者さんは「?」となってしまうと思います。

まずは、クライアント様が「何を」聞きたいと思っているのか?

という部分をしっかりと抑えていくことが大切だと思います。

そのためにも、単純ではありますが「メモを取る」などの行動で鑑定の条件などの漏れを

防げるかもしれませんね!

颯羽(そわ)でした!

颯羽(そわ)の担当講座は

カラーセラピスト講座

数秘術講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました