数秘術「1」と「7」に共通すること

カラーセラピスト| プロレベルの占いが学べるスクールセラス数秘術

こんばんは。

カラーセラピスト講座数秘術講座 講師の颯羽(そわ)です。

数秘術講座

数秘術には一つ一つの数字に意味があります。

                                              

そして、この数字を読み解いていくことで、性格などが分かってきます

                                              

今日は17日ということで「1」と「7」についてお話したいと思います。

                                          

数字にはたくさんの意味はありますが、

「1」数字は自分の想いで走っていく傾向があるようです。

つまり、「自分」という部分が大切。

                                                

「7」は自分の内面に対しての関心を表します。

こちらも「自分」がキーワード。 

                                          

ということで、この2つの数字には「自分」という「個」がキーワードとなります。

                                     

私はこの数字を2つとももっています。私は昔から「仲間」になかなかうまくなじめない部分

があったので、とても悩んでいました。

                                             

けれど、数秘術を知り、この数字の意味が分かった時、とても救われたような気持になりました。

「私はこのままで良いんだ」という思いです。

                                     

このように数字には「得意」と「不得意」も簡単に知ることができます。

不得意を改善するのではなく、それを認めたうえで、あなたの「得意」を伸ばすことが

大切になってくると思います!

私も「自分の想いに正直」になった結果、占い師として生きていますので(^_-)-☆

               

颯羽(そわ)でした!

                                   

颯羽(そわ)の担当講座は

カラーセラピスト講座

数秘術講座

です!気になる方はぜひ、ご覧くださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました