占いは「天気予報」ではありません

| プロレベルの占いが学べるスクールセラス鑑定・セッションのコツ

こんにちは。

占いと心理のスクール、セラスの講師であり、心理カウンセラー、占い師、スピリチュアル・カウンセラーのミスカトニックです。

さて、早速始めていきましょう!

私たち占い師は、クライエントが問題解決へ向けて自主的に取り組むことをサポートする役割があります。

しかし、なかなか行動に移せない・移さないクライエントがいるのも事実です。

その原因は様々あるのですが、占い師側にも当然問題はあります。

それは、占いが「1回完結」で終わってしまっている事です。

これを私は、「占いの『天気予報化』」と呼んでいます。

この「天気予報化」とは、セッションが1回完結で終わってしまい、具体的なアクションまで落とし込めていないことです。

例えば、天気予報で「明日は雨が降ります」だけだと、「あぁ、そうなんだ」で終わりますよね。

でも、「明日は雨が降りますので、傘を忘れずに」と言われると、「傘を持って行かなきゃ」という発想に至りますよね

これと同じで、例えば占いで「彼は気難しい人だから注意してね」という言い方だと、具体的なアクションに結び付かないので、ピンときません。

しかし、「彼は気難しい人だから、コミュニケーションをとるときは、しっかりとあなたの意図を説明してね」だと行動に移しやすいですよね。

このように、具体的なアクションに落とし込むのが、クライエントの行動化のカギです。

ここで大切になるのは、クライエントの隠されたニーズです。

クライエントが何に悩んでいるのかは、最初に言って下さるので、理解するのが難しいという事はありません。

しかし、その悩みの背景に、いまクライエントが何に苦労しているのか、というのは、なかなか表面化しません。

そのため、占い師側が丁寧にクライエントの「困りごと」をヒアリングする必要があるのです。

そして、その「困りごと」が明確になると、それに寄り添い、そして具体的なアクションまでお伝えできるようになります。

占いは、一方方向のコミュニケーションであってはいけません。

双方向でのコミュニケーションが求められます。

その双方向でのコミュニケーションが、クライエントの隠された「困りごと」を明確化してくれます。

ぜひ、トライしてくださいね。

さて、私のブログ更新は、今年で終わりです。

皆さんも、良い年をお迎えくださいね!

~・~・~・~・~・~・~・~

ミスカトニックのプロフィールはこちら

【ミスカトニック プロフィール】

ミスカトニックの講座は以下の通りです。


【プロ占い師養成講座】

【タロット占い完全習得講座】鑑定・セッションのコツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました