なぜ、リピーターは必要なのか?

| 占いと心理が学べるスクールセラス

皆さん、こんばんわ。

占いと心理のスクール、セラスの講師であり、心理カウンセラー、占い師、スピリチュアル・カウンセラーのミスカトニックです。

では、早速始めていきましょう。

占いを行う上で、どうしても出てくる問題は「依存」というものです。

これはクライエントが占い師、いや占いに依存してしまうという問題です。

実は、これは占いに限らず、心理カウンセリングや医療でも生じる問題です。

そのため、リピーターを作る事に対して、消極的になってしまう占い師さんも大勢います。

また、「リピート作り=お金儲け」みたいに考えてしまう占い師さんもおられますよね。

確かに、ビジネスという点で考えると、リピーターがいるのといないのとでは、安定度は全く異なります。

しかし、リピートを作る本質はそこではありません。

リピートを作る本質、それは、クライエントの問題は1回の鑑定やセッションでは解決できない、というものです。

多くのクライエントは、継続的なサポートが必要な状態にあります。

それは精神的・心理的な面においても、問題解決においても、です。

そのため、継続的なサポートができるような関係づくりが鑑定やセッションでは求められます。

私たち占い師が目指すべきゴールは、クライエントが占いから卒業していく事です。

そのためには、リピートをするという「リハビリ」がどうしても必要となります。

そのためには、クライエントとの関係づくりが重要です。

ぜひ、良好な関係をクライエントと構築して、占いを卒業するまで見守ってくださいね

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました