条願バイト伝説☆清掃作業員編

爽快| プロレベルの占いが学べるスクールセラス占い師になる方法

神々しくて恐縮です。

幸せの青い占い師、条願です。

妖精イメージ画像

私条願がセラススクールで 講座を展開していく理念として
私のように、好きなことを仕事にして生きていく人がひとりでも増えて欲しい
という思いがあります。

私条願がセラススクールで 講座を展開していく理念として
私のように、好きなことを仕事にして生きていく人がひとりでも増えて欲しい
という思いがあります。

私自身、好きなことが仕事になった今
過去に20回以上転職してきたバイト歴を振り返って、

  • 願いを叶えるためにどんなことが足りなかったのか
  • 逆に今どんな経験が役立っているのか
    、 という体験記を アップしていきたいと思います。

今回は 、高校卒業後すぐに始め
た 清掃作業員のバイト伝説です 。

このバイトは 10年以上続いた今までの人生で一番長く続いたバイトであり、
特に20代の時は このバイトを本業としながら 色々なバイトを掛け持ち していました。

この清掃のバイトは基本的に あまり頭を使わずただただ肉体労働を夜中中ひたすらこなす
というものだったので 、当時音楽でプロ目指していた私は
仕事をしながら作曲やライブのアイデアを練ることができる事がメリットのバイトでした 。

ただ人間関係については 、周りの人は だいたいパチンコか野球か風俗の話 が多かったので、
全く興味のない私は 休憩時間でもあまり雑談に参加することがなく 、
たまに入社してくる 音楽活動をやっている後輩と マニアックでコアな人間関係を形成するということが多かったです 。

そんな長く続けた清掃のバイトでしたが、 このバイトを通して得た 大きな収穫として、
好きなことだけをして 生きている今

  • かつての自分の代わりに 掃除をしていただいている人がいる という意識で 、清掃作業をはじめとする 全ての肉体労働 に従事する方に 対して
    自然に感謝の気持ちを持って 前向きな人生を 歩むことができているということです。
  • なので、 私のマインドとしては
    常日頃からゴミ箱やトイレなどを 丁寧に使うことを 自然に心がけているので 、
    それが結果的に引き寄せの法則につながり
    より一層 どんどん好きなことだけをする 豊かな人生になっています。 逆に、この清掃の仕事が嫌になった 30代前半ぐらいの頃は
    「なぜ自分がこんな仕事をしないといけないのか」
    という 意識がどんどん大きくなり、
    感謝の気持ちは小さくなっていたように 思います。
  • 嫌な仕事は マイナスの感情につながります。
    ですが、好きな仕事は自然な感謝につながります。 今日より明日 、好きな仕事をする人がひとりでも増えて
    この宇宙に感謝のエネルギーが 1 mm でも増えていくことを願っています。

セラススクールの条願の講座では、占いの知識だけでなく、
現役占い館経営者としての視点も取り入れ、
クライアント様や自分自身の心のケアも含めた、
実際の鑑定においての対処法や運気の考え方等も、特に上級講座ではマジハンパなく伝授いたします。

もちろん個人鑑定でも
必ず、良い方向へ進むにはどうしたらよいか?
という視点を重視し、
ハンパなく鑑定いたします。

条願のプロフィールはこちら

幸せの青い占い師 条願

コメント

タイトルとURLをコピーしました