占い師として独立開業するには?(2)

| 占いと心理が学べるスクールセラス

皆さん、こんにちは。

ミスカトニックです。

では、早速始めていきましょう。

さて、今回のブログは前回の続きで、プロの占い師として活動するノウハウをお伝えいたします。

占いを勉強した、さてプロになりたい…と思ったとき、キャリア形成の方法は2つに分かれます。

まず、いきなり個人で独立開業して占い師として活動するという方法

もう1つは、占いの会社に所属して活動するという方法です。

占い会社に所属するという場合、業務委託契約によるものがほとんどですので、個人事業主として占い会社と業務委託契約を結んで活動する、ということになるんですね。

多くの占い師さんを見ていると、まず個人で活動して、そして占い会社に所属して…というパターンが割と多くみられます。

というのは、個人で活動して思うように集客できず、そのため占い会社に所属をするという流れが多いからなんですね。

個人で活動を開始して軌道に乗せるというのは、率直に申し上げて相当に難易度は高いです。

個人で活動するという場合、集客のノウハウを持っておく必要もありますし、ビジネスとして成立するためのスキームも作る必要があります。

また、スキームを作ればそれでいいかといえば、そうではありません。

自分だけでブランディングもしなければなりませんし、情報発信力もコンテンツ能力も要求されてきます。

また、リピーターを着実につかんでいく必要があります

これって、結構大変なんですよね。

では、占い会社に所属するという方法ですが、こちらも壁があります。

この場合、オーディションという壁が立ちはだかります。

このオーディションを突破しなければ、占い会社に所属するということはできません。

そのため、割と多いのは…

占い会社ってオーディションがあるな…。通る自身がないな…でも個人でもやっていけるかどうか…

という不安があって、プロになることに躊躇するパターンですね。

この場合、どちらが正解というものはありません。

ただ、個人で活動するにしても、個人で活動するとしても、共通して大切な点が1つあります。

それはセルフブランディングです。

ブランディングというのは…

「他の占い師と何が違うのか?」

「占い師として、どのような価値をクライエントに提供できるのか?」

という面を明確にするということです。

クライエントは日々、色々な占いの情報に接しています。

そして、占いを依頼するというのは、当然対価を支払うのですが、当然慎重になります。

となると、「この占い師さんの鑑定を受けたい!」と思わせるようなブランドを形成することが大切なんですね。

当然、占いの技術があることは絶対に必要です。

ただ、クライエントに選んでいただくということが、プロとして活動する絶対条件となります。

そのため、ブランド形成をどのようにするかは、プロとして活動する上で、占いの技術と併せて必須条件となります。

では、次回はこのブランド形成、つまりブランディングについて考えていきたいと思います。

ではでは~

~・~・~・~・~・~・~・~

ミスカトニックのプロフィールはこちら

【ミスカトニック プロフィール】

ミスカトニックの講座は以下の通りです。


【プロ占い師養成講座】

【タロット占い完全習得講座】

コメント

タイトルとURLをコピーしました