「赤」が教えてくれること

| プロレベルの占いが学べるスクールセラスカラーセラピー

こんばんは。

カラーセラピスト講座、数秘術講座 講師の颯羽(そわ)です。

今日は少し大きなテーマをカラーセラピストの観点からお伝えしたいと思います。

私自身が少し思うところがあって「生きる」という事について考えることがありました。

                                           

その際に、この「生きる」をカラーで表すと?と改めて考えてみました。

その時に出てきた色は「赤」です

人は生まれた時に「赤ちゃん」と言われますよね。

その赤ちゃんはこの世に出てくるときに「力強く泣きます」

このパワーはとても強くて大きなものです。そしてそれが、この世に生まれてきたあかしとなります。

このことからも「赤」は生命そのものを表す色と言えると思います。

                                            

また、女性はお化粧をしますが、チークをさす時の色は血色の良い赤やピンク、オレンジといった

「暖色」を使うことが多くあると思ます。

実際、以前メイクレッスンを受けた時に先生から教わったことは、若々しく見せるためには

顔に赤みが必要である(チークが大切だというお話だったと思います)。

とお聞きしました。

                                            

今思い返せば、それも「生命」の赤みが大切という事なのだろうと思いました。

赤は「生きている」を表す象徴として使われていることがよく分かりますね!

上手に「赤」という色を上手に使ってみませんか?

                                                   

颯羽(そわ)でした!

颯羽(そわ)の担当講座は

☆カラーセラピスト講座

☆数秘術講座

です!気になる方はぜひ、ご覧くださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました