色彩心理

カラーセラピー| 占いと心理が学べるスクールセラス

【講師名】

カラーセラピストMIYA

【講座概要】

| 占いと心理が学べるスクールセラス

ご縁を頂きありがとうございます。

カラーセラピストのMIYAと申します。

この講座では、カラーセラピストのMIYAが

「カラーセラピーって何をするんだろう?」「色で何が分かるんだろう?」「色の意味ってそうなんだ!」を、一緒に楽しく知ってもらう講座です。

実は一番多い質問で「カラーセラピーって自分に似合う色が分かるの?」実際こう聞かれる事が多いです。

カラーセラピーとは、自分に似合う色が分かるだけではなく、今のあなたの気持ち=潜在意識を色で知ることができるのがカラーセラピーなんですね。

私たちは生まれた時からたくさんの色の中で暮らしています。
 
その色の中でも気になる色や癒される色があれば、苦手な色、落ち着かない色などもあります。

また前は好きだった色が今はそんな好きじゃなくなったかな、嫌いだった色が今はなぜか気になるとか経験はありませんか?

色は今のあなたの気持ちを表しているので、好きな色や嫌いな色がその時の気持ちによって変化するんですね。

何気なく色を選ぶ事で隠れていた本当の自分の気持ちが分かるって楽しくないですか。

それぞれの色には様々な意味や効能効果が隠されているんですね。

「カラーセラピーって何をするんだろう?」「色で何が分かるんだろう?」「色の意味ってそうなんだ!」を一緒に楽しく知ってもらう講座です。

実は一番多い質問で「カラーセラピーって自分に似合う色が分かるの?」実際こう聞かれる事が多いです。

カラーセラピーとは、自分に似合う色が分かるだけではなく、今のあなたの気持ち=潜在意識を色で知ることができるのがカラーセラピーなんですね。

私たちは生まれた時からたくさんの色の中で暮らしています。
 
その色の中でも気になる色や癒される色があれば、苦手な色、落ち着かない色などもあります。

また前は好きだった色が今はそんな好きじゃなくなったかな、嫌いだった色が今はなぜか気になるとか経験はありませんか?

色は今のあなたの気持ちを表しているので、好きな色や嫌いな色がその時の気持ちによって変化するんですね。

何気なく色を選ぶ事で隠れていた本当の自分の気持ちが分かるって楽しくないですか。

それぞれの色には様々な意味や効能効果が隠されているんですね。

例えば…

→あれ?最近なぜか緑が気になるぞ?

→そういえば緑って確か癒しの効果があるよね
    
→最近仕事が忙しいから癒されたいのかなぁ
    
→ちょっと緑の物を小物に取り入れたり、緑の物を食べたり、自然に触れあったら気持ちがリラックスする

ちょっとした事ですが今の自分が選んだ色を通し、その色の意味を読み解いていくことで、身体的、精神的に今の自分に必要な物が分かります。

この講座では、色の歴史や日常生活にどのように色は活用されているかなどを楽しく学んでいきます。

【講座説明】

| 占いと心理が学べるスクールセラス

カラーセラピーとは色彩療法を意味します。

中医学は4000年以上の歴史があり、最も重要な学説とされる「陰陽五行学説」は人体の構造、生命の過程および疾病の原因、原理、判断、予防などを解釈する際に、色彩を重要な要素として用いています。

現代においては様々の研究を経て、中医学には色彩と関わる理論や診断・治療方法は多く含まれており、色彩の心理的・生理的効果が今後積極的に活用される事で、疾病の治療や生活環境の向上が期待されています。

1810年に後の色彩心理学や知覚心理学に影響していると言われている自然科学者・詩人ゲーテの著書「色彩論」の中では幸福感を表す色として赤・オレンジ・黄色などの暖色系と悲しみを表す色として青・緑・紫の寒色系の2つのグループに分ける考え方を発表しました。

1878年にはエドウィン・D・バビッド博士の著書「光と色の原理」では、スペクトルの色の様々なヒーリング効果について述べています。

赤色は血液の循環を促し、青色は血液の流れを沈静させ、オレンジ色と黄色は神経を刺激すると分類しました。

このようにして分類したバビットは、停滞しているものは赤色で、炎症や精神的に不安定な状態は青色で、緩下剤としての働きには黄色で治療するように処方し、色を使った治療のための様々な装置を考案しました。
 
現代のカラーセラピーが生まれたのは1970年代ごろのアメリカが中心で、当時ヒッピームーブメントが花盛りで精神・心理世界への興味・回顧の流れの中、これらの科学的見地からのアプローチも高まってきました。

また、心理状況の例として荒れた刑務所の壁をピンク色に塗ったところ囚人がおとなしくなった、自殺の名所だった橋の色を塗り変えたら自殺者が1/3に減ったなどのケースを科学的な裏付けで検証していきました。

色彩心理学を元に体調・精神の治療目的や癒し効果としたカラーセラピーが確立されていったのです。

その後1980年代にイギリスで発祥したオーラソーマと呼ばれるカラーボトルによる色彩療法に発展。

直感で選んだカラーボトルの色は潜在意識からのメッセージとして見る事ができます。

オーラソーマ以外には独自のカラーボトルを用いたTCカラーセラピーやオーラライト、アヴァターラなどもあり、また、カラーボトル以外にはカラーカードを用いたセラピーもあります。

カラーセラピーって色々な変化を経て今に至るんですね。

【おススメ対象】

| 占いと心理が学べるスクールセラス

・カラーセラピーに興味がある

・色の意味を知りたい、学んでみたい

・色の知識を日常に活かしたい
 
カラーセラピーのよさは、いつでもどこでも誰でも出来るところにあります。

専用の道具を使っても良いのですが、簡単に色が分かるツール、例えば色えんぴつと紙があれば出来るんですね。

また色は老若男女みんなが知っているものなので、誰とでも共通で会話ができるツールであるのも魅力です。

このスポット講座は、「カラーセラピーって一体何をしているの?」「カラーセラピーってどんな効果があるの?」

また「色について何を学ぶの?」や「色の意味って何?」などカラーセラピーや色について興味があって学んでみたいと考えている方向けのスポット講座になります

カラーセラピーについてや色の意味、ちょっとした歴史や日常生活にどのように活用しているのかお伝えして色って楽しい!やカラーセラピーって楽しい!を感じて頂けるようになっております。

【講座を受けるメリット】

| 占いと心理が学べるスクールセラス

カラーセラピーとは色を用いて潜在意識に働きかけ、心の状態を見える形を色として表現しています。

日常生活においても私たちは知らず知らずにそれぞれの色の持つメッセージを無意識で選んでいます。
 
その中であなたが選ぶ色は今のあなたの気持ちを代弁しているんですよ。

例えば好きな色と嫌いな色って物心ついてから、もしかしたら物心がつく前から誰にでもありますよね?
 
その時々で起こる好きな色と嫌いな色はその時の今の自分の気持ちが表れているんです。

嫌いな色の意味が少しでも分かれば、今の自分の気持ちはこうなんだって気づく事ができ前を進むきっかけに気づく事ができます。
  
また色を学ぶことは、自分を知り理解する事はもちろん、私たちは集合的無意識と言う潜在意識を共有している側面があるので、家族や恋人、友達などの相手の気持ちやパーソナリティも色から読み解く事が出来ます。

またカラーセラピーとは、色が持つ心理学効果を活かして、自分を癒す目的で行う心理療法でもあります。

それぞれの色が持つ意味や効果を理解する事により癒しの効果として心身のバランスを整える事ができます。

例えば活力を得たいときには「やる気」の赤を使う、心を落ち着けたいときは「イライラを抑える」青を使うなど、その時の自分の心と身体の状態に合わせて上手く色を取り入れる事で、心と身体のバランスが整える事やまた癒したりする事ができます。

カラーセラピーを勉強することによって本当の自分の気持ちを理解し、どうすれば良いかを知るきっかけになり、自分では気づかない気持ち、本当の気持ちに気づきやすくなります。

色から見えてくる意味が今の自分を教え、癒してくれるのがカラーセラピーです。

講座では色の意味を楽しく学び、今の自分を知り、日常生活でうまく色を取り入れて素敵な毎日を過ごしましょう。

【カリキュラム】

・スポット講座( 1回完結 )
 
 色に関するちょっとした歴史や心理、日常生活の中での活用法などを学びます。

 色の意味に触れる体験としてワンカラーリーディングによる今のあなたをお伝えします。
  
【開講日】

対面→毎週日曜日( 祝日も対応可能です)
     
   11:00~20:00( 最終受付19:00まででお願い致します )

zoom→毎週日曜日(祝日も対応可能です)

   11:00~21:00( 最終受付20:00まででお願い致します )

【料金】
 
・スポット講座:3000円( 時間60分)

 
【定員】

・2名様まで同時受講できます。

【場所】
 
・大阪市内のカフェ
  
 ※飲食代はご自身でご負担願います。
  
 ※大阪市内であれば指定して頂いた場所でも対応致します。

・zoomはご自宅にて受講頂けます。

【講師からのメッセージ】

改めましてご縁をいただきありがとうございます。

カラーセラピストのMIYAと申します。

カラーセラピーに出会う前の私は、人間関係に悩み、仕事に悩み、自分自身の気持ちに蓋をして日々過ごしていました。

毎日同じ事の繰り返しの中、私は今のままで良いのかな?と考えるようになりました。

それからは何をしようかな?から始まり、今の自分に必要なものは何かを模索する日々を過ごしました。

色々と思考錯誤したり、自分と向き合う経験を経て出会ったのが今私が携わっているカラーセラピーでした。

何気なく選んだ色から取り繕った自分、嘘の自分ではなく、本当の自分が分かる面白さに魅了され、どんどん色の持つ意味にはまっていきました。

その時によっては厳しい色も出る時がありますし、また色が励ましてくれたり、気づかせてくれる時もあります。

色を見る事によって今の私ってこう思っているんだって、自分と向き合っていくうちに少しづつ前向きな日々を送れるようになりました。

今の自分を知るが出来れば、自分に必要な色も分かるので、普段の生活に取り入れて気持ちのモチベーションアップに、また疲れた時の癒しとしての効果として取り入れたりとしています。 

色に少しでも興味のある方向けのスポット講座です。色の事を知るのって楽しいって思えてもらえたら嬉しいです。

【お申込み】

お申込みやご質問は、こちらのフォームよりお願いいたします。

お申込みフォーム

タイトルとURLをコピーしました