【プロ級スキル】タロットで最初に着目するもの

| プロレベルの占いが学べるスクールセラス未分類

| プロレベルの占いが学べるスクールセラス

みなさん、こんにちは。

ミスカトニックです。

さて、今日はプロのタロット占い師がタロットカードを展開した時に、最初に何を見るのか、ということについてお話ししたいと思います。

まず、プロの占い師は展開されたタロットカードを1枚1枚読む、ということはありません。

まず全体をつかんで、大まかな方向性を読みます。

「あぁ、これはちょっと問題が多いな」

「この相談はうまくいきそうだな」

というニュアンスをつかむんですね。

この大まかなニュアンス、つまり方向性を最初に理解することで、タロットリーディングの方向性が決まってきます。

あとは、その方向性に沿って1枚ずつ解釈を展開していく、というものです。

この「最初に方向性を全体から理解する」というのは、緻密なものである必要はありません。

本当に「ざっくりと」で良いんですね。

そして、クライエントに最初にその方向性、大まかな結果を伝えるのです。

「あぁ、これはうまくいきそうですよ」

「ちょっと問題があるかもしれませんね」

この一言で、クライエントの占いの結果に対する関心度はすごく高まります。

この占いの結果に対する関心度の高さというのがすごく大切で、クライエントが能動的に「聞きたい!「知りたい!」と思うようなマインドにすることが大切になってきます。

タロットに限らず、占いで大切なのは「最初のつかみ」です。

その最初のつかみで「もっと知りたい!」というマインドにすることができれば、クライエントとの関係が作りやすくなります。

ぜひ、試してみてくださいね。

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました