タロットカードで心理を読むときのコツ

| プロレベルの占いが学べるスクールセラス未分類

皆さん、こんばんわ

ミスカトニックです。

| プロレベルの占いが学べるスクールセラス

さて、クライエントから相談されてタロットカードをリーディングするとき、必ず相手やクライエントの気持ちを読みますよね。

その時に、大切なコツがあります。

それは、クライエントや相手の潜在意識をきちんと読むことです。

というのは、私たちの行動の大半は潜在意識です。

そして、潜在意識というのは、私たちは普段意識することはできません。

例えば、私は鶏肉が大好きなのですが、これを顕在意識と潜在意識に分けて考えてみましょう。

顕在意識のレベルで鶏肉が好き、というのは、意識的に鶏肉を好きになろうとしている、という状態です。

一方、潜在意識のレベルだと、「理由はわからないけど、とにかく鶏肉が好き!」ということになります。

私たちが誰かを好きになる時、そこに理由はありませんよね。

「とにかく好き!」という状態だと思います。

ただ、そこを潜在意識で読み解くと、色々なものが見えてくるのです。

例えば、私の鶏肉ラブ(笑)の場合だと、幼少期に肉じゃがに入っていた鶏肉がおいしかった、などの要素が出てくるでしょう。

同じように恋愛だと、例えば相手が相談者に冷たいという場合だと、相手はなぜ冷たくしているのか、という理由についてはあまり意識していません。

しかし、潜在意識では色々な要素があります。

そうした潜在意識を読み解くことで、解決策も自然と見えてくる、ということになります。

占い、特にタロットカードはうまくできていて、潜在意識を読み解くのに適しているんですね。

ですので、ぜひ潜在意識を深く読み解くということを意識してください。

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました