条願バイト伝説☆高校生編

勉強| プロレベルの占いが学べるスクールセラス占い師になる方法

神々しくて恐縮です。

幸せの青い占い師、条願です。

| プロレベルの占いが学べるスクールセラス

私条願がセラススクールで 講座を展開していく理念として
私のように、好きなことを仕事にして生きていく人がひとりでも増えて欲しい
という思いがあります。

私自身、好きなことが仕事になった今
過去に20回以上転職してきたバイト歴を振り返って、

  • 願いを叶えるためにどんなことが足りなかったのか
  • 逆に今どんな経験が役立っているのか
    、 という体験記を アップしていきたいと思います。

今回は 初めてのバイト
という観点で 高校生の時のバイト体験記 になります。

高校2年生の時の短期の郵便配達のバイトを経て、
高校3年生の夏休みと冬休みに 勤務した中華料理店のホールのバイトが
実質的な初めてのバイトになります。

この中華料理店は高級ホテルの最上階にあり
高校生の私条願としては、 マナーや細かいルールなど なかなか難しいことも多く 、
特に未経験である夏休みの 最初のうちは
かなりしんどさを感じながら 働いていました。

周りの 先輩方はほとんどが バイトに慣れた大学生で、
特に夏休みの最初の方は怒られることも多く
今振り返ってみると 、唯一の高校生なんやからもうちょっと手加減してくれや
と思うところもあるのですが、 一部根性が鍛えられた部分はあったかもしれません。

そして、この経験があったので
私が上の立場に立った時 、
不慣れな人には手加減する 意識が身についた とも思います。

そんなこんなで、このバイトは高校卒業したらもう二度とやらないだろう
と思いながら 続けていましたが、
冬休みの終わり頃には 社員や 先輩方から
「 もし大学受験失敗したらうちに就職しろよ」
とまで声をかけていただけるようになり、 まさしくこの初めてのバイトで得たことは

  • やる気がないながらも とりあえず続けていれば 意外と気づかない間にスキルが上がっている
    という事です。

そして、それは
立場が人を作る
ということでもあり、
今占いの勉強や これから占い師として 活動していくことに自信が持てない方
にはぜひ肩の力を抜いて 覚えておいてほしい ことのひとつです。

セラススクールの条願の講座では、占いの知識だけでなく、
現役占い館経営者としての視点も取り入れ、
クライアント様や自分自身の心のケアも含めた、
実際の鑑定においての対処法や運気の考え方等も、特に上級講座ではマジハンパなく伝授いたします。

もちろん個人鑑定でも
必ず、良い方向へ進むにはどうしたらよいか?
という視点を重視し、
ハンパなく鑑定いたします。

条願のプロフィールはこちら

幸せの青い占い師 条願

コメント

タイトルとURLをコピーしました